日本の文化

【書評】日本人を勤勉にした男、石田梅岩とその石門心学

日本人ってなぜ真面目で勤勉なんでしょうか?

その答えの一つが江戸時代の学者である石田梅岩(1685〜1744)が築いた「石門心学」ではないかと思います。知らない方はぜひこの本を読んでその一端に触れてみて下さい。

農家に生まれた石田梅岩は商人として活躍した後に、引退して「道徳と経済の関係」について思索を深める思想家に転じます。「士農工商」という言葉に代表されるように、経済活動を支える商人が少なからず賤しいとされた時代に、日常的な行為に意義を見い出す事で「より善い人生を生きる」ための方法論を探していました。

要は「商人道」とも呼ぶべきものを模索していたんですね。

その内容は「都鄙問答(とひもんどう)」という書物にまとめられましたが、その哲学を江戸時代の背景に触れながら紹介していくのが本書になります。

本書による石田梅岩の考えは、ざっくりまとめてしまうとこんな感じです。
・商売には正しい道があり、その実践には「天下公の倹約」が大事である
・天下公、つまり私欲を抑え公共の利益を追求する事
・倹約とは、単なる節約とは違い、金銭や物品を正しく使う事

この背景には、梅岩が「事物には本性があり、それを発現させる事が重要である」と考えた事があります。

無駄な贅沢はもちろん、節約のあまり必要な出費を殊更抑える事も梅岩は良しとしませんでした。特に、それが私欲に基づくものであれば、なおさらです。

例えば、一生懸命頑張って働いた従業員にはきちんと賃金を払う、価値のある品物には正当な対価を支払う、といった事ですね。

上記の「天下公の倹約」を正直な心で行う事で儲けを得る事が、商人の「本性」すなわちあるべき姿であり、本来人間の「本性」はそうした働き方にある、と説いたのです。

梅岩の死後に弟子によって設立された心学舎で、こうした教えが伝承されていき広まっていったそうです。こうした教えが、江戸時代の庶民の道徳水準を底上げして、その後の経済的・社会的な発展を支えていったのだと思います。

西欧でこうした経済発展の背景にある考え方としてはマックス・ウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」が有名ですが、それに相当するものが日本の場合はこの「石門心学」なのではないかな〜と、本書を読了して思ったのでした。