海外生活の準備

海外で日本のクレジットカード使うとお得どころか損してる件

留学する事が決まって、海外での支払い方法について改めて見直してるのですが今まで旅行の時にポンポン使っていたクレジットカードが損だと分かってショック・・。

ポイント還元以上にお金払っていたのね・・。もっと早く気付いていれば・・。

クレカのポイント還元の仕組み

年会費無料のクレジットカードがポイントを還元してくれるのはそのクレカで支払いをする人を増やしたいからですが国内では、お店が手数料を支払ってクレカ払いを受け入れる事で

・お店→クレカで払いたいお客さんが来てくれてハッピー
・お客→ポイント還元がある分、現金よりお得でハッピー
・クレカ会社→手数料で儲けられてハッピー

と三方よしのビジネスをしているわけですね。

特典の多いカードだと年会費という形でお客がコストを負担するケースもありますが、日本にいると無料でポイントがもらえてお得だから極力クレカで払おう、と思っている人が大勢かと思います。

海外でクレジットカードを使う時の手数料

ところが、海外にいて現地通貨の支払いを日本のクレジットカードで決済すると、カードのブランドによって異なる「海外事務手数料」なるものが外貨→円へ換算する時の為替レートに上乗せされる形で課せられます。

楽天プレミアムカードの場合はこうですね。

他のカードでも大体こうなっています。
・VISA/Mastercard:1.63%
・JCB:1.6%
・Amex:2%

という事は1%くらいのポイント還元を受けたところで0.6%は損してるわけです。

10万円使うと600円損してるんですね。小さいようで、ちりも積もればというやつです。

FXでお得に海外の支払いを済ませる

海外への留学・駐在あるいは長期の旅行で10~30万円以上の外貨を使う予定があれば、FX会社での両替を検討した方が良いです。

僕は非居住者になっても使い続けられるセントラル短資FXを使ってます。外貨出金の手数料が1,500円なのでまとまったお金を外貨に換える時にお得です。1,500円の定額なら、10万円の両替で1.5%、30万円の両替で0.5%、と取引金額が大きくなるにしたがってお得度が増していきます。

僕は、学費・家賃の支払など海外送金が必要な時はSMBC信託銀行へ、現地でのちょっと支払いに充てたい時はVISAデビットの使えるソニー銀行へ、セントラル短資FXというFX会社で換金した外貨を送金しています。

僕はセントラル短資FXとSMBC信託銀行の組み合わせで学費を8万円くらい節約しました。

少額しか使わないのであれば、クレカキャッシングの現金両替もかなりお得ですが、海外で現金は怖いという場合は、慣れるまで安心料だと思って損を覚悟でクレカを使うのもありですね。

僕は両替用のクレカは、セディナカードをメイン、エポスカードを予備で持っています。