MBA受験

あまり参考にならない GMAT 730 を取った対策法

一応良さげな点数を叩き出せているので、どんな準備をしたかをまとめておきますね。

準備方法と期間

2017年の3月頃に独学で対策を始めて、Official Guideとアゴスの参考書を3週やって、GMAT Prepをやってみたら700を超えていたので、2018年の頭にとりあえず受けてみた点数で出願という塩梅です。

Official Guideは紙だとかさばるのでKindle版推奨です。間違った問題はマークしてすぐに検索できますし。

よく言われるようなGMATの苦労はあまり味わっていないのですが、その分TOEFLで食らっているから勘弁してw(TOEFLの苦労話

基本的に、Official Guideで試験の形式を頭に入れた後は

  • アゴスの参考書で回答のコツを理解して(使えると思ったものだけ取り入れれば良いと思います)
  • Official Guideの問題をひたすら解いて定着させる

ということしかしてないです。。Quantitative(数学)もVerbal(英語)もこれだけですね。逆に、これらの書籍の完成度が高いのだと思います。予備校要らずでした。

とにかく繰り返して定着させるという事だけ考えてました。

後は、外資コンサル会社でアクチュアリーという仕事柄、英語と数学に一般的な日本人サラリーマンより触れる機会が多いのが良かったかもですね。といっても、計算はもうあまりしていないので、そんなに変わらないと思うのですが。。

IR(Integrated Reasoning)とAWA(Analytical Writing Assessment)はあまり評価されないと聞いていたので、特に対策していないです。AWAはTOEFLのWritingを思い出せば大丈夫かと。

受験1回目:Total 710 一発終了!…のはずが…

1回目でさくっとこんな点数でした。

  • 受験1回目:V 38/85% | Q 49/75% | Total 710/91% | AWA 5.5/80% | IR 8/93%

おっしゃー700超えたらもう良いだろうという事で速攻で終了~。

のはずでした。INSEADからWaitlist入りを食らうまでは・・・。

受験2回目:Total 710 高得点は狙うと難しい!

INSEADの選考基準の1つにAcademic Capacityというものがあり、大学の成績とGMATなんですよね、要するに。Waitlistに入ってしまい、この基準についてはGMATを少しでも上げるしかないなーという事で、延長戦を少し頑張りました。

今回はまじめに方針を考えて対策しており、Verbal(英語)よりはQuantitative(数学)の方がPercentileが低いので、伸びシロがあるという事です。なので、Vの点数は落とさずに、Qの点数を上げる事に集中しました。

・・・といっても、できる事と言えばケアレスミスを防ぐように細心の注意を払う事。またその余裕を生むために問題を解くスピードをとにかく上げる事。この2つを意識してひたすら同じ書籍で問題演習。

さて、その結果・・

  • 受験2回目:V 38/85% | Q 49/75% | Total 710/91% | AWA 5.5/80% | IR 8/93%

1回目と寸分違わぬ点数に・・。いや、これはこれで良い成績なんだけど、これじゃ受験料250ドルを払ってる意味が無いんじゃ!

残しても良かったのでしょうが、潔くキャンセルしてやりました。

受験3回目:Total 730 本当にこれで終わり!

というわけで、再リベンジです。正直、これで結果が出なければ諦めるつもりでした。他の追加エッセイのネタは既に準備できており、GMATのためにいつまでも提出を控える事が出来なかったため。

方針は変わらず、Qで速く正確に解けるようにひたすら問題演習してただけです。その結果・・

  • 受験3回目:V 38/85% | Q 50/85% | Total 730/95% | AWA 5.0/53% | IR 5/54%

うおーっし、Qが1点上がって合計も730に改善・・ってAWAとIR下がって、IRなんてINSEADの推奨スコアの6を下回っとるがなー!

このスコアを提出して良いのか悩みましたが、カウンセラーとも相談して、IRは最初に十分な点数出してるから大丈夫でしょという事でばしっと出しました。結果的に繰上合格してるから、まあ正しい判断だったんでしょう。