milfzer big ass hairy girl fuck and get facial.
big tits bombastic blonde milf fucked.
INSEAD

なぜIMDではなくINSEADを選んだか

受験記を見てもらうと分かるのですが僕は
・IMD→合格
・INSEAD→Waitlist→合格
という道筋を辿って、悩んだ末にINSEADに決めました。

出願もこの2校だけで、どっちも受かったらどうするか?なーんて事を最初からうっすら考えていたのですが、いざどちらも合格となると悩むもんです。

こちらのIMD卒業生の方のブログでも同じ問題が語られていて、欧州・平均年齢高め・1年制、と何かと似ているこの両校、同じような事を考える人が今後もいると思うので、私見をつらつらまとめておきます。

IMDではなくINSEADに決めたのはざっくり4つほど理由があります。

理由1:アジアでのプレゼンス

僕はフィリピンで働いた時にこの国が気に入った事もあり、アジア、特に東南アジアで働いてみたいなあと思いました。

ヨーロッパだとどちらも評判の良いトップスクールなのですが、アジアでのプレゼンスはシンガポールにもキャンパスがあるINSEADに軍配が上がるかと思います。(IMDもEMBA用のキャンパスをシンガポールに置いてます)

シンガポールはもとよりフィリピンの同僚に聞いても、評判は圧倒的にINSEADでした。というかIMDは残念ながらあまり知られていないくらいです。

各国のアルムナイネットワークを見比べると、フィリピンやインドネシアでは、INSEADはあるがIMDはない状況です。この点はINSEADのインタビューでも志望動機として挙げましたね。

理由2:やっぱダイバーシティ

INSEADもIMDも学生の「ダイバーシティ」、特に世界各国から学生を集めている事を売りにしていますが、IMDは90名40ヶ国であるのに対してINSEADは500名90ヶ国(が毎年2回)です。国籍の数を見れば倍ですね。

フィリピンで働いた時に異文化な環境での業務遂行能力に限界を感じたので、様々な出自・考えを持つ人と交わる機会があるという意味では、より大きな可能性があるのはINSEADなのかなと思いました。

翻って、IMDは90名のためとても学生の付き合いの密度が濃いスクールです。これは後述しますが最後までIMDを捨てきれなかった魅力です。INSEADは学生も多ければキャンパスも複数あるため、一度も出会う事が無い学生もいるはずで、意識しないと付き合いの密度は薄くなりそうです。

これは向こうで暮らしながらコツを見つけて行きたいなあと思っています。

理由3:2ヶ月の夏休み

IMDは1ヶ月(確か7月上旬~8月上旬)、INSEADは2ヶ月(6月下旬~8月下旬)の夏休みがあります。なお、INSEADは1月スタートは夏休み有りですが9月スタートは無いのでご注意を。

夏休みはインターン等、興味のある事にライトに取り組む良い機会なので、1ヶ月ではなく2ヶ月くらいガツンと欲しいなと思っていました。1ヶ月だとインターンをやろうにも職場に慣れる間も無く終わると思うんですよね。。

次の理由にも関わりますが、この点は少し自由度が欲しかったのでちょうど良い長さの夏休みをくれるINSEADに軍配が上がりました。

理由4:プログラムの自由度

夏休みに限らず、IMDというのは少数のクラスで1年ずっと行動を共にします。後半はElectiveもありますが、概ね全員が同じカリキュラムをこなします。

対してINSEADは前半の4ヶ月が終わると、キャンパス、授業、選び放題です。キャンパスはフランス・シンガポールのメインキャンパスの他にケロッグウォートンCEIBS(中欧国際工商学院への交換留学があります。9月入学だとここにINSEADのアブダビキャンパスも加わります。

何をどこでどのように学びたいかは、MBA留学中に時々刻々変わるかなーと思い、自由度の高いINSEADに惹かれました。

おまけ:IMDの良いところ

IMDが捨てがたいなあ。。と悩んだところもいくつか挙げておきます。

1クラス90名の濃い付き合い

アルムナイの方いわく、IMDでは学生同士が四六時中一緒に過ごすので、否応なく一生の付き合いになるとの事。

個人的には広く浅くより狭く深くの人付き合いの方が好みなので、すっごくこの仕組みは心惹かれました。。

が、それってcomfort zoneから出ていないだけでは?という気もして、せっかく海外に住む色々な人と会うのだから、自分の創意工夫がより問われるINSEADに身を置いて修行しよう、と思い至りました。

充実したカリキュラム

選択授業があまり無い分、ガタガタ文句を言わせない密度でカリキュラムが組まれています。

色々な方のお話を聞くに、土曜も大体は授業があるとの事・・!(最初が一番しんどく段々とペースを緩めて就活などにリソースを割けるそうですが)

特にIMDで魅力的だなあと思った授業は下記の通り。
International Consulting Project (ICP)
Discovery Expedition
Personalized Leadership Development

特にICPは卒業生の方も口々に印象に残る授業として挙げるほどで、報酬を得るコンサルティングを授業の締めくくりとして体験するのは、すごく良い経験になりそう!と思いました。

なお、学生が給料を得るという意味では無く、依頼元の企業がお金を払うという意味での報酬です。でもMBAの学生が教授のサポートを得ながらではありますが、いきなり有料のコンサルティングを提供するのって良い緊張感ありますよね。

Discovery Expeditionは毎年試行錯誤しているそうで、ここ1-2年で全クラス合同で数か国回るスタイルになる前は、行きたい地域ごとに3つほどのグループに分かれていたそうです。

余談ですがIMDは毎年カリキュラムを見直しているそうで、この素早さは少人数ならではだ、と面接でビジットした時にも強調していました。

言葉を変えると、MBA生で色々実験してるのだとも思いますがw より良いカリキュラムの構築に取り組んでくれる姿勢は有難いですよね。

Personalized Leadership Developmentは各人1名の専属コーチがついて、MBA中の要所で自身の性格分析や内面に関する議論を定期的に持ち、一人一人にあったリーダーシップのあり方を見つけるコースです。

日々のグループワークでの実践と相まって、これも卒業生の方々の評判が良かったです。自分を客観的に振り返る機会もあまり無いので、こういうの良いですよね。

実はINSEADにもDiscovery Expeditionに似たトレック系の授業とPersonalized Leadership Developmentにあたる内面分析のサポートはあるのですが、ICPのような総仕上げの実地体験は無い(一応あるが残念ながらIMDほどのものではない)ので、特にICPはやってみたかったなーと思います。

ync.com teen mormons blowing cock.