雑記

村上ファンドの真実に全俺が涙・・。「生涯投資家」マジでお勧めな本です

村上ファンドって何か悪いイメージありますか?

Yes!と言う人は「生涯投資家」をぜひ一読して欲しいです。村上ファンド・村上世彰という人物をきっと好きになると思います。

Kindle Unlimitedでも読めますし、個人的には耳で読めるaudibleがおすすめ。どちらも無料体験ありです。

ナレーターが声色を使い分けていて、著者自身も気持ちが入っているであろう箇所にこぶしが効いてて、すごく没頭できます。

まだ無料お試し期間ギリギリかな?audible、僕はだいぶはまっちゃいましたね・・。

ネタバレになり過ぎない程度に良かった内容をご紹介。

とてもシンプルなのに誤解された村上氏の信念

本書中に何度も出てきますが、村上氏の信念は「コーポレートガバナンスを通じて資金の循環を促し経済を活性化する」という事で、この徹底を通産省・村上ファンド・個人投資家として試みています。

事業家・投資家だった父親から投資について様々な教育を受けた氏はその父の勧めで通産省で官僚として働き出しますが、16年に及ぶ官僚生活の最後に「コーポレートガバナンス」を研究した事でそれが日本経済の持続的な発展に不可欠だと実感。

法律の枠組みを作るのではなく、自ら実践者となり、その浸透を図る事で、日本を変えたい、より良くしたいという想いで独立をします。

だからM&A”コンサルティング”という社名で、投資というよりコンサルティングによる啓蒙を目指したようです。

当時は資金を溜め込み効率的に使えていない企業が低い株価で放置されていたため、そうした企業の経営をコーポレートガバナンスを通じて改善し、高い株価とする事で理念を実現しながら投資収益を得るという投資機会が存在した事もあり、ここに村上氏の父親譲りの投資家としての資質が相まって「村上ファンド」という存在が誕生します。

「村上ファンド」というと儲け至上主義の権化のような扱いをされた時期がありましたが、その裏には村上氏の人生に基づく理念が一本の筋として通っており感銘を受けました。

このコーポレートガバナンスの捉え方は、経営者・従業員問わず、会社に関わる人全てが心に留めておくべきだなと思いました。

村上氏の投資哲学

自身の投資哲学についても触れており、基本に忠実なバリュー投資家なのだと思います。投資検討の指標は以下の3点に集約されるとの事。
・投資収益の期待値
・IRR(内部収益率)→投資の利回りの事
・リスクの大きさ

特に「期待値」を重要視しているようで、勝率が低くても期待値が大きければ投資を検討する、例えば、勝てる確率が30%でも資金が10倍になるのであれば、その事だけで期待値は30% x 10倍 = 3倍になるので、投資に値するのではないか、など。

いくつか自身の投資の失敗談についても触れられていて、参考になります。

ドラマのような買収攻防劇

村上ファンドの投資手法が日本では例の無いものだったこともあり、ファンド自体とその投資案件には当時かなりの注目が集まっていました。大きな案件はその時の心情や裏側についても語られており、この部分はドラマでも見ているように読んでてわくわくしますw

具体的にはこんなところです。
・東京スタイル(日本初のプロキシーファイト)
・ニッポン放送とフジテレビ(逮捕の原因)
・西武鉄道や阪神鉄道への投資(叶えられなかった鉄道再編の夢)

また、村上氏は自身がIT企業への投資に向いていないとされていますが、下記のような企業にも投資したり関わりを持っています。
・ライブドア
・サイバーエージェント
・GMO
・楽天
・光通信
こうした企業の創業者とのやり取りに関する箇所も読ませます。

村上氏の人柄

「生涯投資家」と生涯を語る本である事から、生い立ちや日頃の生活・関心についても詳しく説明されています。

NPOや社会貢献活動についても関心を持ち、自らNPOへの寄付を支援する「チャリプラ」を立ち上げたり、東日本大震災での支援に奔走する様は意外でした。

また、料理が好き・得意で、シンガポールで和食の可能性を感じて、ダイニングイノベーションに関わっていたというのは知りませんでした。

良い意味で公私混同になっており、好きな事を仕事にできてる方なんだなと思います。

本を出した理由

執筆の経緯はあとがき部分で語られています。2006年の逮捕に続き、2015年にも強制調査を受けていて(結果、不起訴)この時に無関係だった長女の死産を経験しています。

この事から、自身が何を目指していて村上ファンドは何を実現したかったのか、自身の信念を、世間から誤解されたままにせず世に訴えるべきである、と感じてこの本を書いたそうです。

・・・うん、この本読まなかったら僕も誤解したままでした。

「資金の循環こそが経済の成長を促し、コーポレートガバナンスはその一助となる」という信念は、投資家・経営者・従業員のいずれであっても、企業というものに関わって生活する現代人は皆、胸に問う価値のある命題だと思います。

まとめ

単純ですが、この本を読んで完全に村上シンパになっちゃいましたw

だって信念も分かりやすいし、その実現に人生懸かっている様子が見て取れるし、聡明でいて実直な人柄も伝わるので。

まだ現在形ですけど、カッコいい「生涯」だなと思いました。

お金に関する教育に関心があるという事で、その後に「いま君に伝えたいお金の話」という本を出されています。サイバーマンデーでセール中という事もあり、早速ぽちったのでこれも後日感想文にまとめたいと思います!