海外生活の準備

海外に出るならやっておいた方が良い事まとめ

僕が海外に出るにあたってやっとくべきだなと思った事、まとめておきます。

行政手続き

海外転出届

海外に1年以上滞在するのであれば「非居住者」になる事を検討すべきです。タイミングによって住民税がかからなくなりますし、何か収入を得た場合も税率が有利になる可能性があります。

国際免許

海外ではパスポートが最も確かな身分証明書になりますが、パスポートに次いで身元を確かめやすく、サクッと取れる国際免許は海外にしばらく滞在する人には運転しなくてもおすすめです。費用は2,500円以下、即日発行可です。

長期滞在ビザ

僕の留学したINSEAD MBAではフランス・シンガポールのメインキャンパスに加え、アブダビ(これは入学時期による)、アメリカ、中国に行く事もできます。

僕はフランスとシンガポールに行く予定でそれぞれの手続きの様子は下記の通り。

お金の事

海外で生活するにあたって色々な支払いがありますのでその準備について。

銀行口座

先に挙げた海外転出届を出して「非居住者」になると、その大きなデメリットの一つとして銀行やその他金融機関の口座の使用に制限がかかる事があります。

多くの銀行は「非居住者」になる事で口座の閉鎖・凍結を求めるほか、三菱UFJ銀行や三井住友銀行は追加手数料を払わなければいけません。

「非居住者」の方におすすめできる銀行口座はSMBC信託銀行とソニー銀行だけです(SNBC信託銀行は留学での海外在住の場合のみ)。これらの銀行の口座は必ず開設しておきましょう。

クレジットカード

クレジットカードは幸い「非居住者」であっても使用の制限はありませんが、国内で便利なカードと海外で便利なカードは異なります。

こちらにまとめていますが、用途に応じて複数枚カードを作っておく事をおすすめします。

FX口座

FX口座というと投機取引をまず思い浮かべるかもしれませんが、通貨の両替にFX口座はとっても有効です。

そして、銀行口座と同じように「非居住者」が使える口座は数少なく、両替のためにはセントラル短資FX一択、運用も考えるならヒロセ通商も組み合わせる、といった塩梅です。

セントラル短資FXとSMBC信託でガッツリ節約した話と併せて下記ご覧ください。

その他の資産運用口座

今後加筆していきます!

税金関係

MBAに関連して税金で損しないように色々気をつけています。こちらを参考にしてみて下さい。